スポンサーリンク

「コンサート」と「ライブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンサート」と「ライブ」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンサート」「ライブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コンサート」とは?

「コンサート」とは?

「コンサート」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「コンサート」は英語で「concert」と表記します。

「コンサート」には「演奏会。

音楽会」
という意味があります。

まず「リサイタル」という言葉があり、「リサイタル」には「独奏会。

独唱会」
という意味があり、一人の歌手、演奏家などの公園を意味します。

二人のアーティストが一緒に「リサイタル」をすると、「ジョイント・コンサート」などと呼ばれ、さらに3人になると「コンサート」と呼ぶようになります。

ここから転じて、一人のアーティストが演奏会を開くとき、「ソロ・コンサート」と呼ばれるようになります。

厳密にいえば「コンサート」は3人以上のアーティストによる演奏会だと考えることができますが、今では、演奏会や音楽界のことを、「コンサート」と呼ぶようになっています。

「ライブ」とは?

「ライブ」とは?

「ライブ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ライブ」「live」と英語表記します。

「ライブ」「生演奏」という意味があります。

「ライブ」「生演奏」という意味があります。

もともと演奏会は、生で開催されるのが当たり前だったため、「リサイタル」「コンサート」「ライブ」なのが当たり前でした。

しかし、録音技術が進むと、生で演じるもの以外の、「レコードコンサート」や、「フィルムコンサート」などが登場します。

そこで、生演奏以外の音楽イベントと、生演奏の音楽イベントを分けるために「ライブ」という言葉が使われるようになっています。

正式には「ライブ」「ライブコンサート」の略となります。

ただし、日本では、ライブハウスのイベントや、ロックやポップスなど、クラシックやオーケストラなどの演奏会ではないタイプのものを「ライブ」と呼ぶようになっています。

他にも「ライブ」には、「ラジオやテレビにおいて、録音や録画でない放送」という意味があります。

いわゆる「生放送」のことを「ライブ」と言います。

「今日は、○○から、ライブで中継します」などと、テレビの出演者が言っているのを、聞いたことがあるかもしれません。

「コンサート」と「ライブ」の違い

「コンサート」と「ライブ」の違い

「コンサート」「ライブ」の違いを、分かりやすく解説します。

「コンサート」には「演奏会。

音楽会」
という意味があります。

「ライブ」「生演奏」という意味があります。

音楽イベント全体を「コンサート」と呼ぶのに対して、生演奏に限定して「ライブ」と呼ぶという違いがあります。

ただし現在の日本では、観客も一緒に踊ったり歌ったりするロックやポップスの音楽イベントを「ライブ」と呼び、クラシックなどの静かに耳を傾けるタイプの音楽イベントを「コンサート」と呼ぶ傾向があります。

まとめ

まとめ

「コンサート」「ライブ」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味の違いを知り、しっかり使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物