「インターネット」と「イントラネット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「インターネット」と「イントラネット」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「インターネット」「イントラネット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「インターネット」とは?

「インターネット」とは?

「インターネット」とは、現在ではよく「ネット」と呼ばれている、インターネットプロトコルを使用して接続する外部ネットワークの総称です。

細かい定義は別にありますが、一般的には、プロダイバー業者を通して接続できるネットワークの集合体だと解釈しておけばいいでしょう。

アドレスの指定によって、世界中のどこのドメインにも瞬時に接続でき、近年ではビジネスにも欠かせない「ツール」の1つとなっており、メールやwebサイトの利用やファイルの転送といった基本的なものだけでなく、様々な活用法が提唱されています。

スマホに代表される携帯端末からでも接続が可能で、そのスマホやパソコンは、今やこれに接続できないと全く使い物にならないとさえ言えるかも知れません。

「イントラネット」とは?

「イントラネット」とは?

「イントラネット」は、先の「インターネット」の世界が限られた範囲だけに留まっているものだと解釈してください。

例として、「社内イントラネット」とすると、社内だけに限られたネットワークのことで、それ以外の世界に出て行くことはできず、インターネット上のwebサイトにアクセスすることもできません。

こちらも「ネット」には変わりませんが、汎用性がない限られた範囲の中だけのそれになる為、特定の施設や中だけで利用するシステムや、情報の管理の面などから、遭えて外部とは遮断されたこのようなネットワークを組んでいることが少なくありません。

「インターネット」と「イントラネット」の違い

「インターネット」と「イントラネット」の違い

「インターネット」「イントラネット」の違いを、分かりやすく解説します。

「インターネット」は、それこそどこにでも接続できる「ネット」のことで、「イントラネット」は、限られた中だけのネットワークのことになります。

これらは複合して構成することが可能で、社内の端末同士は「イントラネット」で結ばれており、それぞれから「インターネット」が利用できるといった形での運用も多くなっています。

まとめ

まとめ

「インターネット」「イントラネット」は、このような違いになります。

「イントラネット」は、自宅内で簡易的に構築することもでき、複数のパソコンやスマホをそのように接続している例もまま見られます。