「財テク」と「資産運用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「財テク」と「資産運用」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「財テク」「資産運用」の違いを分かりやすく説明していきます。

「財テク」とは?

「財テク」とは?

「財テク」の意味と概要について紹介します。

意味

「財テク」とは、企業や個人が「本業の他で余っているお金や資金を運用してお金を稼ぐこと」という意味です。

今ある資産を増やそうとすることを言います。

概要

「財テク」とは、「財務テクノロジー」の略で、自分の持っている余ったお金を、株式だけではなく債権やFX、ビットコインなど、分散して投資を行い、少額な分リスクも少なく稼ぐことを言います。

一種類だけではなく、数種類の手段を使いこなすことを言い、現在持っているお金を増やすことを目的にしています。

「資産運用」とは?

「資産運用」とは?

「資産運用」の意味と概要について紹介します。

意味

「資産運用」とは、「将来を考えて計画を立て、自分の持っているお金などの資産を、投資や貯蓄などに回すこと」という意味です。

「財テク」とお金を増やすことについては同じですが、こちらの方が計画的で額も大きくなります。

概要

「資産運用」は、現金などお金に余裕のある人が、将来さらに豊かになることを目的に、長期に渡って行うものです。

投資だけではなく、普通預金や定期預金など、銀行に預けることで利子が付いて資産が増えていく貯蓄型資産運用もあります。

利益は少ないのですが、元本が保障されるので安心して運用できます。

「財テク」と「資産運用」の違い!

「財テク」と「資産運用」の違い!

「財テク」は、「今あるお金や資産を増やすことを目的として分散して運用すること」です。

「資産運用」は、「将来的に資産を増やすことを目的として、多額で長期い渡り運用すること」です。

まとめ

まとめ

「財テク」「資産運用」は、「今お金を増やすことか、将来的に資産を増やすことか」という違いがあります。

お金に余裕がある人はすぐに使ってしまわず、堅実に増やしていくことを考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物