「債務不履行(デフォルト)」と「倒産」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「債務不履行(デフォルト)」と「倒産」の違い金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「債務不履行(デフォルト)」「倒産」はよく似た意味を連想させる会社の経営危機に関する二つの用語ですが、「債務不履行(デフォルト)」「倒産」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「債務不履行(デフォルト)」「倒産」の違いを分かりやすく説明していきます。

「債務不履行(デフォルト)」とは?

「債務不履行(デフォルト)」とは?

「債務不履行(デフォルト)」という経済用語の表現は、「国家・企業の債務者が債券の償還期限を迎えてもその債務を履行・償還できないこと」を意味しています。

「債務不履行(デフォルト)」とは、簡単に言えば「借金を返せないこと」を意味する用語なのです。

国家の債務不履行(デフォルト)は国債・通貨の価値暴落を引き起こし、企業の債務不履行(デフォルト)は倒産を引き起こします。

「倒産」とは?

「倒産」とは?

「倒産(とうさん)」という経済用語の言葉は、「主に企業(会社)が債務を返せなくなって経営破綻すること」を意味しています。

「倒産」というのは、「企業(会社)が債務を履行できなくなって、その経営・業務・雇用を維持できなくなること」を示している言葉なのです。

企業が債務不履行(デフォルト)に陥ると、「倒産」することになります。

「債務不履行(デフォルト)」と「倒産」の違い!

「債務不履行(デフォルト)」と「倒産」の違い!

「債務不履行(デフォルト)」「倒産」の違いを、分かりやすく解説します。

「債務不履行(デフォルト)」にも「倒産」にも、「債務(借金)を返済できなくなること」という共通の意味がありますが、「債務不履行(デフォルト)」「企業だけではなく国家の債務返済不能にも使うことができる」という違いがあります。

「倒産」「債務不履行(デフォルト)」と比べると、「主に企業(会社)の債務不履行だけを意味していて、企業(会社)の経営・業務・雇用が維持できなくなること」のニュアンスが強いという違いを指摘できるのです。

まとめ

まとめ

「債務不履行(デフォルト)」「倒産」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「債務不履行(デフォルト)」という言葉は、「国家・企業(債務者)が債券の償還期限を超えても債務を履行・償還できないこと」「借金を返せないこと」を意味しています。

それに対して、「倒産」というのは「会社が債務を返せずに経営破綻すること(経営・業務を維持できなくなること)」の意味合いを持っています。

「債務不履行(デフォルト)」「倒産」の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物