「合コン 」と「コンパ」 の違い とは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「合コン 」と「コンパ」 の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「合コン」と「コンパ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「合コン」とは?

「合コン」の意味と概要について紹介します。

意味

「合コン」とは、「男女それぞれ2つのグループが交流する為に行われる飲食会のこと」という意味です。

概要

「合コン」「合同コンパ」の略で、本来は2以上のグループが、交流目的で飲食することでした。

大学で、人数が少ない違うサークル同士が誘い合って、一緒に飲食会を開く時などに使われていました。

現在では、男性4人と女性4人のグループが誘い合い、交流する為に飲食をすることを言い、出会い目的で利用する人も多くいます。

主に同じ職場やサークルでグループを作り、友達関係やネットのサイトなどでマッチングをして飲食会を開きます。

「コンパ」とは?

「コンパ」の意味と概要について紹介します。

意味

「コンパ」とは、「仲間同士で参加費を出し合って飲食すること」という意味です。

概要

「コンパ」“company”の略語で、「会社・仲間」という意味があります。

元々は、同じ学生寮に住んでいる学生たちが、お金を出し合ってお菓子などを購入して、座談会を開くことでした。

学生がゼミやサークルなど、大勢の組織で、お互いの親睦を深める目的で、時折開催される飲食会に使われています。

特にレストランで開かなくても、誰かの部屋に集まって持ち寄りで飲食をすることも含みます。

「合コン」と「コンパ」の違い!

「合コン」は、「男女それぞれのグループが誘い合って飲食会を開くこと」です。

「コンパ」は、「仲間同士で親睦を深める為に飲食会を開くこと」です。

まとめ

「合コン」「コンパ」は、参加者の集り方に違いがあります。

「合コン」はどちらかというと出会い目的の集りになっています。