スポンサーリンク

「後悔」と「悔恨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「後悔」と「悔恨」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「後悔」「悔恨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「後悔」とは?

「後悔」とは?

「後悔」の意味と使い方について紹介します。

意味

「後悔」「こうかい」と読み、「自分のしてしまったことについて、後から失敗したと心を痛めること」という意味です。

使い方

「後悔」は、もう既に終わってしまったことや、過ぎてしまったことに対して、「しなければよかった」「やればよかった」「ああすれば良かった」と思い悩むことを言います。

「後」「のち・あと」という意味で、「悔」「くいる・くやむ」という意味です。

「後悔先に立たず」ということわざにもある様に、「後になってから湧いてくるネガティブな気持ち」に対して使われます。

「悔恨」とは?

「悔恨」とは?

「悔恨」の意味と使い方について紹介します。

意味

「悔恨」「かいこん」と読み、「過ちに対して残念に思い、辛い気持ちになること」という意味です。

使い方

「悔恨」は、自分がしたことに対して、悔やむだけではなく非常に残念に思うことを言います。

「恨」「うらむ」という意味があり、「悔恨」で、「過ちを悔やみ、うらめしいとさえ思うこと」という意味で使われます。

自分の言動を後から思い返して、酷く残念がり、自分を責めたりうらんだりする程強い気持ちを表しているのです。

「後悔」と「悔恨」の違い!

「後悔」と「悔恨」の違い!

「後悔」は、「後になって『しなければ良かった』『すればよかった』『ああすればよかった』などと思うこと」です。

「悔恨」は、「自分がしたことを強く反省して残念がる様子」です。

まとめ

まとめ

「後悔」「悔恨」は、反省する気持ちの強さに違いがあります。

どれ位残念に感じているかで使い分けましょう。