スポンサーリンク

「アカウント」と「ID」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アカウント」と「id」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アカウント」「ID」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アカウント」とは?

「アカウント」とは?

「アカウント」の意味と概要について紹介します。

意味

「アカウント」は、「そのサービスを利用する為の権利であり、IDとパスワードの2つから構成されるもの」という意味です。

概要

「アカウント」は、あるサービスを利用する時に、本人として登録して持っている権利のことを言います。

登録内容としては、「氏名・住所・メールアドレス・クレジットカード情報」などの個人情報です。

これらがはっきりとしていて初めて、個人を特定するサービスの提供を受けられるのです。

これらの情報と、その持ち主を結び付ける為に「IDとパスワード」を使うこと、そうして有効になる権利、これを「アカウント」と言うのです。

「アカウント」は一つのサービスに一つ持つこともあれば、共通アカウントとして持つこともあります。

「ID」とは?

「ID」とは?

「ID」の意味と概要について紹介します。

意味

「ID」は、「個人を識別する為の記号や番号のこと」という意味です。

概要

「ID」は英語で“identification”を略した言葉です。

個人を識別する為に一人一人付けられた記号や番号のことで、原則同じものはありません。

この「ID」「パスワード」を使うことで、アカウントが有効になります。

「ID」は名前の代わりに付けられた識別手段であり、インターネットのサービスを利用する時には「ユーザーID」と呼ばれます。

「アカウント」と「ID」の違い!

「アカウント」と「ID」の違い!

「アカウント」は、「そのサービスを利用する為の権利」で、「ID」「パスワード」で構成されます。

「ID」は、「個人を識別する為の記号や番号のこと」です。

まとめ

まとめ

「アカウント」「ID」は、「権利」「識別番号」かという違いがあります。

「アカウント」には「ID」も含まれることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物