「ハードウエア」と「ソフトウエア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ハードウエア」と「ソフトウエア」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ハードウエア」「ソフトウエア」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ハードウエア」とは?

「ハードウエア」の意味と概要について紹介します。

「ハードウエア」の意味

「ハードウエア」とは、「パソコンを構成する部品で、目に見えるもの全般のこと」という意味です。

「ハードウエア」の概要

「ハードウエア」は、パソコンで形があり目に見える部分のことを言います。

具体的には「モニター・キーボード・マウス・プリンター・ハードディスク」などのことです。

人間で言えば「身体」に当たるもので、実際に稼働することで作業を行う部分です。

「目に見えるもの」「手に触れるもの」「形があって固いもの」という意味で「ハードウェア」と呼ばれています。

形があるものとして破損することがあり、部品交換をして修理できます。

「ソフトウエア」とは?

「ソフトウエア」の意味と概要について紹介します。

「ソフトウエア」の意味

「ソフトウエア」とは、「パソコンの内部で動くプログラムで、目に見えないもの全般のこと」という意味です。

「ソフトウエア」の概要

「ソフトウエア」は、パソコンの「ハードウェア」に組み込まれることで稼働する様になるもののことを言います。

具体的には「WindowsやMacなどのOSソフト」「インターネットブラウザやエクセルなどのアプリケーションソフト」があります。

人間で言えば、指令を与える頭脳に当たるもので、神経を伝わる様に、情報を伝えるシステムのことを言います。

「目に見えないもの」「手で触れないもの」という意味で「ソフトウェア」と呼ばれています。

こちらは不具合があった時には、プログラミングを修正する必要があり、修理・交換ではなく再インストールが必要になります。

「ハードウエア」と「ソフトウエア」の違い!

「ハードウエア」「パソコンで形があり、目に見える部分のこと」です。

「ソフトウエア」「パソコンの内部で動くプログラムのこと」です。

まとめ

今回は「ハードウエア」「ソフトウエア」の違いをお伝えしました。

「ハードウエアは身体や手足」「ソフトウエアは頭脳や神経」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物