スポンサーリンク

「白髪染め」と「黒染め」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「白髪染め」と「黒染め」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「白髪染め」「黒染め」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「白髪染め」とは?

「白髪染め」とは?

「白髪染め」とは、白髪を染める為の染料のことです。

市販のものもありますが、美容室で使用されるものにはもっと多くの種類があり、黒色にするとは限らず、年齢相応の自然な色にすることもできます。

「ヘアカラー」の1つになりますが、染めることで色を付けるタイプになる為、元の色に反応させて好きな色にするものとは異なります。

植物由来の「ヘナカラー」も存在し、そのようなものは髪へのダメージが少ないのが特徴です。

「黒染め」とは?

「黒染め」とは?

「黒染め」は、髪の毛を黒く染める為の染料になります。

先の「白髪染め」と似ていますが、こちらは元の色に関係なく、髪の毛を黒くすることが目的です。

その為、仕上がりの色が選べたり、元の色と反応させるようなものではなく、ともかく黒くなるような染料になり、茶髪や金髪にした髪の毛を黒く戻そうとする場合に使われます。

普通に考えると、染めた部分を落とせば黒く戻りそうなものですが、元の色と反応させた染色の場合には、そのようなことは行えません。

それができるのは、元が「ヘアマニキュア」の場合だけで、その「ヘアマニキュア」は、上から色をコートするだめの簡易的な染色となります。

「白髪染め」と「黒染め」の違い

「白髪染め」と「黒染め」の違い

「白髪染め」「黒染め」の違いを、分かりやすく解説します。

「白髪染め」は、白髪を好きな色に染める為の染料です。

黒色とは限らず、「ヘアマニキュア」で行うこともできます。

「黒染め」は、今の色とは関係なく、黒く染める為の染料で、基本的には美容室で行ってもらうものです。

市販のヘアカラーは、元の色に反応させるものがほとんどなので、それによって黒にするのは難しく、プロが使う専用の染料と技術がないと、うまく元の黒色にはならないので注意してください。

これは、真っ黒くする「白髪染め」の場合にも言えることです。

まとめ

まとめ

「白髪染め」「黒染め」は、このように違います。

「白髪染め」で、そこまで黒くすることもない場合には、自分で行ってもいいでしょう。

「黒染め」では、それはあまりおすすめできません。