「日傘」と「雨傘」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「日傘」と「雨傘」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「日傘」「雨傘」の違いを分かりやすく説明していきます。

「日傘」とは?

「日傘」とは、直射日光を避ける為にさす傘のことです。

完全に光を遮るようなタイプや、人体に有害だとされる紫外線だけがブロックされる材質のものもあり、夏で日射しの強い日には、さして歩いている女性がよく見られます。

何も女性だけが使うものではないものの、男性が使っていることは少なく、ロリータファッションにおいてはファッションアイテムの1つとして、雨以外の天候の時にこれを持ち歩いたり、さして歩く(日光が出ていなくても)ことがあります。

「雨傘」とは?

「雨傘」は、雨を防ぐ為の傘になります。

こちらにも、防水加工がされており、雨(水分)を弾くタイプのものと、単に雨が通らないだけのものがあり、よく見られる各種のビニール傘は後者に該当します。

高性能のものは、完全に近く雨を弾いてくれるので、使用後にほとんど濡れていないこともあるほどです。

こちらは男女を問わずに雨の日に使われるもので、雨がやんだ後の置き忘れには注意が必要です。

「日傘」と「雨傘」の違い

「日傘」「雨傘」の違いを、分かりやすく解説します。

「日傘」は、太陽の光を遮る為に使う傘で、「雨傘」は、雨に濡れない為に用います。

「日傘」を雨の日に使っても、雨は防げないで注意してください。

逆に、「雨傘」にも、基本的には直射日光の中の紫外線を遮る機能はありません。

ですが、中にはその機能もある高性能のものが存在し、そういったものは「日傘」として利用することもできます。

しかし、「日傘」は、軽いものがほとんどですが、「雨傘」は、それと比べると重く大きいタイプが多い為、両方に使えるものだとしても、紫外線避けには本来の「日傘」の方が向いています。

まとめ

「日傘」「雨傘」は、このような違いになります。

どちらも「傘」には違いありませんが、用途が全く異なるので、見た目が似ているだけに、間違えないようにしましょう。