スポンサーリンク

「劇的」と「激的」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「劇的」と「激的」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「劇的」「激的」は、どのように違う言葉なのでしょうか。

スポンサーリンク

「劇的」と「激的」の違い

「劇的」と「激的」の違い

「げきてき」と表現するには、「劇的」「激的」の2つの言葉がありますが、「劇的」が正しく、「激的」は誤りとなります。

よって、「劇的」と表記してください。

尚、この言葉は「まるで劇やドラマのように」という意味になり、それだけ激しい展開や変化のあった様子に対して使われます。

「激しい」という意味合いから「激的」とされてしまうことがありますが、誤用なので注意してください。

「激的」ではなく「激変」を使うのは有り?

「激的」ではなく「激変」を使うのは有り?

「激変」は、激しく変化する様子の表現になります。

こちらはきちんとした言葉の為、そのまま使うことができます。

「劇的」とは少々ニュアンスが違い、「劇的な展開だった」とするところを「展開が激変する内容だった」と言い換えられなくもありませんが、それだけ激しい変化だという意味に留まり、「劇的」のようなドラマチックだという意味にはならないので、それほど似ている言葉でもありません。

まとめ

まとめ

「激的」は、完全な間違いなので、そのように使わないように気を付けてください。

パソコンやスマホの変換では「げきてき」からそのようにはなりません。