「極振り」と「全振り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「極振り」と「全振り」の違い ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームのステータスについて使われる、「極振り」「全振り」の違いを説明します。

「極振り」と「全振り」の違い

「極振り」とは、極端な振り分けのことです。

例として、10に数値を攻撃、防御、素早さ、運という4つのステータスに自由に振り分けられる場合に、攻撃に7も振ってしまい、他には1つずつしか振らないといったような配分がこう呼ばれます。

「全振り」は、全部どこかに振ってしまうことで、こちらの場合は攻撃に10、その他は全部0のままという具合になります。

どちらもキャラクターの作成時やレベルアップなどの度に、このような形で好きなステータスに能力を振り分けられる時に使われる言葉です。

「極振り」と「全振り」の使い分け

「極振り」「全振り」は、全部どこかに振っていれば「全振り」、9と1という形であっても、全部でなければ「極振り」と使われています。

まとめ

下手にバランスをとるよりも、「極振り」「全振り」でどこかの能力に特化したキャラクターにした方が実用的な場合も多いので、そのゲームとしての特徴や、仲間が居る場合にはそれとも相談の上で決めていくといいかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物