スポンサーリンク

「教育」と「訓練」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「教育」と「訓練」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここでは「教育」「訓練」の違いについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

「教育」とは?

「教育」とは?

「教育」とは、常識的なことや世の中の道理などを説くことで、それによって人間として望ましい状態にすることが目的で行われる行為です。

学校などの教育機関において勉学を教えることも、同様にこの「教育」と表現されることがありますが、単に勉学的なものの教示だけでなく、多人数での共同生活による人間関係の育成などまで含めた意味として使っていると考えてください。

尚、対象が人間だけとは限らず、犬やイルカといった動物類の「しつけ」に対してこの「教育」と表現することもあります。

これも間違った使い方ではなく、この場合は「飼育」に近いながら、それに加えて芸などを学ばせるという内容が含まれます。

「訓練」とは?

「訓練」とは?

「訓練」は、実際の事柄を想定した学習や練習のことです。

「避難訓練」と使うと、実際に災害などが起こった際の避難を想定した練習という意味になります。

「職業訓練」とすると、その職種に就く為に必要となる技能を学ぶことになり、「訓練の成果が発揮された」などと使った時には、事前に練習しておいた内容が役に立ったことが分かります。

決してただの「練習」という意味ではなく、それが役に立つ事柄に向けた実戦的なものだと解釈してください。

「教育」と「訓練」の違い

「教育」と「訓練」の違い

「教育」は、それによってきちんとした人間にするべき行為だと表現することができ、「訓練」の方は、特定の分野に対する実戦的な練習のことになります。

尚、「教育」は、動物に対して使うこともでき、その場合は対象に芸を取得させるような目的から行われると考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「教育」「訓練」の違いは、以上の通りです。

「教育」は、ある程度内容が決まっているものだと言うことができますが、「訓練」の場合は、その対象によって千差万別の内容になります。