スポンサーリンク

プロスピAの「パワーヒッター」と「アーチスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パワーヒッター」と「アーチスト」の違いゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、プロスピAの「パワーヒッター」「アーチスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パワーヒッター」とは?

プロスピA(プロ野球スピリッツA)の「パワーヒッター」とは、「ホームランにつながるようなパワフルな打球を打つことができる強い弾道の属性」を意味しています。

「パワーヒッター」というプロスピAの弾道属性は、「高角度・低スピンの打球」を打つことができる効果を持っています。

「パワーヒッター」は、各球団でクリーンナップを打ったり本塁打数が多かったりする強力なバッターに多い属性になっています。

「パワーヒッター」でホームランになりやすい打ち方は、「バットの真芯でボールを綺麗に捉える打ち方」になります。

「アーチスト」とは?

プロスピAの「アーチスト」とは、「ホームランになりやすい芸術的な放物線を描く打球を打つことができる強い弾道の属性」を意味しています。

「アーチスト」というプロスピAの弾道属性には、「高角度・高スピンの打球」を飛ばせる効果があります。

「アーチスト」は、芸術的な高い角度の弾道でホームランを狙えるようなバッティングの技術力が高いバッターに多い属性になっています。

「アーチスト」でホームランにつながりやすい打ち方は、「バットをボールの少し下の部分に当てて強力なスピンをかけてあげる打ち方」になります。

プロスピAの「パワーヒッター」と「アーチスト」の違い

プロスピAの「パワーヒッター」「アーチスト」の違いを、分かりやすく解説します。

「パワーヒッター」「アーチスト」の弾道をゲーム内の能力としてだけ考えると、「アーチスト」のほうが「パワーヒッター」よりも本塁打・長打(二塁打・三塁打)を打ちやすい違いがあります。

「パワーヒッター」は打球が「低スピン」なので、バットの真芯で打たないとヒット性の長打やホームランになりにくいのです。

それに対して、「アーチスト」「高スピン」の打球を打てるのでボールを芯で捉えそこなっても、速いスピンのかかった長打でヒットになりやすい違いを挙げられます。

また「パワーヒッター」の弾道を持つ選手は10人以上いますが、「アーチスト」「王貞治・門田博光・柳田悠岐・筒香嘉智」の4人に限定されるレア度の違いも指摘できます。

「パワーヒッター」の例文

・『パワーヒッターの打者は、ボールをバットの芯で捉え損なうとフライの凡打になりやすい欠点があります。』

・『デスパイネをゴリゴリのパワーヒッターに成長させたので、ホームランの一発狙いの打ち方に徹するようにしています。』

「アーチスト」の例文

・『打球に高スピンをかけられるアーチストは、プロスピAの弾道の中でもっとも本塁打を狙いやすい属性になります。』

・『アーチストの弾道を持っている選手は王貞治や柳田悠岐などに限られているので、かなりのレアキャラになります。』

まとめ

この記事では、プロスピAの「パワーヒッター」「アーチスト」の意味の違いや例文を紹介しましたがいかがでしたか。

「パワーヒッター」「アーチスト」の意味の違いを詳しく調べたい場合には、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物