「難易度ゲー」と「クソゲー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「難易度ゲー」と「クソゲー」の違い ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「高難易度ゲー」「クソゲー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「高難易度ゲー」とは?

「高難易度ゲー」の意味と概要について紹介します。

「高難易度ゲー」の意味

「高難易度ゲー」「こうなんいどげー」と読みます。

意味は「難しくて中々クリアできないが、やる程面白くなるゲームのこと」です。

「高難易度ゲー」の概要

「高難易度ゲー」は、「高難易度ゲーム」をネットスラングにした言葉です。

ゲームとして非常に難易度が高く、簡単にクリアできずに何度もミッション失敗に終わります。

あまり何度も失敗するとやる気をなくしてしまうものですが、ゲームの世界観や画像、音声などが素晴らしく、何度失敗しても再度挑戦したくなるゲームのことです。

「このゲームをクリアして動画投稿したい」と思う征服欲をかき立てる、やりがいのあるゲームに使われる言葉です。

「クソゲー」とは?

「クソゲー」の意味と概要について紹介します。

「クソゲー」の意味

「クソゲー」とは「つまらないコンピューターゲーム、最初から終わりが見えている様なお粗末なゲームのこと」です。

「クソゲー」の概要

「クソゲー」「クソゲーム」をネットスラングにした言葉です。

ゲームの中でも「難し過ぎてやる気がなくなってしまう」「世界観や設定が悪くて入り込めない」「キャラクターの設定が安っぽすぎる」などで、ユーザーや評論家が「つまらない」と評したゲームのことを言います。

また、簡単過ぎるゲームや、明らかに開発スタッフが手を抜いたと思われるバグの多いゲームなどにも使われます。

とにかくプレイヤーが満足できない、つまらないと感じたら「クソゲー」なのです。

「高難易度ゲー」と「クソゲー」の違い!

「高難易度ゲー」「難しいがやる程面白くなるゲームのこと」です。

「クソゲー」「やる程面白くなくなるゲームのこと」です。

まとめ

今回は「高難易度ゲー」「クソゲー」の違いをお伝えしました。

「高難易度ゲーは難しくて面白い」「クソゲーはやる程つまらない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物