ドラクエタクトの「かばう」と「みがわり」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かばう」と「みがわり」の違い ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ドラクエタクトの「かばう」「みがわり」の違いを分かりやすく説明していきます。

ドラクエタクトの「かばう」とは?

「かばう」とは、「上下左右のマスで隣接している仲間への攻撃を代わりに受けることで、仲間のダメージを20%か40%軽減できるドラクエタクトのスキル」のことを意味しています。

「かばう」の消費MPは11で、ダメージ軽減倍率は「20%」「40%」になります。

「かばう」は重ねがけすることができるスキルなので2回重ねて「かばう」を使うと、ダメージ軽減倍率が「40%」になります。

ドラクエタクトの「みがわり」とは?

「みがわり」とは、「上下左右のマスで隣接している仲間への攻撃を代わりに受けることで、仲間のダメージを40%軽減できるドラクエタクトのスキル」のことを意味しています。

「みがわり」の消費MPは23で、ダメージ軽減倍率は「40%」になります。

「みがわり」は重ねがけすることができないスキルなので、2回かけたとしてもダメージ軽減倍率は「80%」にはならず「40%」のままになります。

ドラクエタクトの「かばう」と「みがわり」の違い!

ドラクエタクトの「かばう」「みがわり」の違いを、分かりやすく解説します。

「かばう」「みがわり」もドラクエタクトにおいて、「そのキャラクターが上下左右で隣接している仲間への攻撃を代わりに受けることで、1ターンの間だけ仲間のダメージを小さくするスキル」という点では同じなのですが、「消費MP・ダメージ軽減倍率・重ねがけの可否」が異なっています。

「かばう」の消費MPは「11」でダメージ軽減倍率は「20%・重ねがけで40%」、重ねがけができるという特徴を持っています。

「かばう」に対して「みがわり」の消費MPは「23」でダメージ軽減倍率は「40%」、重ねがけはできないという違いを指摘することができます。

まとめ

ドラクエタクトの「かばう」「みがわり」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「かばう」とは「消費MP11で隣接している仲間への攻撃を代わりに受けるスキル(ダメージ軽減倍率20%か40%)」を意味していて、「みがわり」「消費MP23で隣接している仲間への攻撃を代わりに受けるスキル(ダメージ軽減倍率40%)」を意味している違いがあります。

「かばう」「みがわり」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物