スポンサーリンク

「トゥルーエンド」と「グッドエンド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トゥルーエンド」と「グッドエンド」の違いゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー系のゲームをしていると、いくつかの分岐点が見つかることがあります。

その分岐点において、ユーザーの分身である主人公がどのように行動するかによってその後の展開が変わります。

ゲームによってはそういう分岐点が無数にあって、ストーリーの流れの種類も多く、トゥルーエンドにたどり着くことが非常に難しいこともあります。

しかし、そのトゥルーエンドを迎えることが一つの大きな目的になっていることは事実なので、なんとか見つけようとします。

さて、ここで出てきた「トゥルーエンド」とはいったいどういう意味でしょうか。

また、「グッドエンド」とはどう違うのでしょうか。

この記事では、「トゥルーエンド」「グッドエンド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トゥルーエンド」とは?

「トゥルーエンド」とは?

「トゥルーエンド」とは、「トゥルーエンディング」とも言われ、文字通り「本当の結末」という意味の言葉です。

使われるのはライトノベルを中心とした小説、アニメ、ゲームなどの媒体です。

ここで「本当の」というのは「作者が意図した」と言い換えることもできます。

マルチエンディング物では、これに対して「トゥルーでない」結末がもありえます。

「グッドエンド」とは?

「グッドエンド」とは?

「グッドエンド」とは、「グッドエンディング」あるいは「ハッピーエンディング」などと呼ばれるもので、作品のストーリーが「良い結末」で終了することです。

使われるのは「トゥルーエンド」で列挙したような媒体です。

逆の言葉としては「バッドエンド」があり、「悪い結末」を表します。

「トゥルーエンド」と「グッドエンド」の違い

「トゥルーエンド」と「グッドエンド」の違い

「トゥルーエンド」「グッドエンド」の違いを、分かりやすく解説します。

これらは小説やアニメ、ゲームなどにおいての結末を示す言葉であることは同じですが、その意味するところは大きく違います。

「トゥルーエンド」は、「作家が意図した物語上の結末」であり、「グッドエンド」「良い結末」です。

つまり、「トゥルーエンド」が必ず「グッドエンド」である必要はなく、「バッドエンド」である作品もたくさんあります。

「トゥルーエンド」の例文

「トゥルーエンド」の例文

「トゥルーエンド」の例文は以下のようになります。

・『この作品のトゥルーエンドは多くの視聴者が満足するものではありませんでした』
・『トゥルーエンドがバッドエンドである作品は悪夢系と呼ばれることもあります』

「グッドエンド」の例文

「グッドエンド」の例文

「グッドエンド」の例文は以下のようになります。

・『グッドエンドにたどり着くことだけが作品を味わうことではありません』
・『グッドエンドとバッドエンドの両方を作成した映像作品も存在します』

まとめ

まとめ

この記事では、「トゥルーエンド」「グッドエンド」の違いを、解説してきました。

序文で述べたように、ストーリー系のゲームをはじめに行う時には「トゥルーエンド」にたどり着くことが目的になっています。

しかし、人によってはそれを承知の上で、最初から自分の思う方向にストーリーを持っていこうとする人や、明らかに「バッドエンド」を目指してまっしぐらに突き進む人など色々な人が存在します。

そもそも、「トゥルーエンド」とは、ゲームのデザイナーが設定した一つの結末に過ぎません。

であれば、それに拘らないこともまたゲームの楽しみ方の一つではあるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物