「ディスコード」と「スカイプ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ディスコード」と「スカイプ」の違い ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ディスコード」「スカイプ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ディスコード」とは?

「ディスコード」とは、オンラインゲームでの利用を前提として提供されているチャットシステムです。

同じゲームをプレイしている人同士で、これによってコミュニケーションがとれる点から、多くのゲームのプレイヤーに利用されています。

PC版とスマホ版があり、どちらもアプリのダウンロードから始めますが、PC版はアカウントを作成することなく利用することもできるという違いがありますが、アカウントがないと使用できない機能も多いので、本格的な利用にはそれが必須になると考えていいでしょう。

文字のチャットやボイスチャット、更にゲームごとのショートカットキーにも対応しており、グループを作ってその中だけで利用できる点から、ゲーム以外の用途で使われることもあります。

「スカイプ」とは?

「スカイプ」も、文字、及びボイスで利用できるチャットシステムで、「LINE」が現在のように普及するまでは、こちらがその代わりによく使われていました。

PC版とスマホ版がありますが、どちらもアプリのダウンロードが必要で、アカウントの登録はどちらでも必須となります。

「ディスコード」のように、ゲーム仲間のコミュニケーションにも利用されますが、ビジネスで使われることも多いのが特徴で、提供が開始されてからの歴史が長い為、同様のシステムの中でも信頼性は一番だと言っていいかも知れません。

「ディスコード」と「スカイプ」の違い

「ディスコード」「スカイプ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ディスコード」は、ゲームでの利用に特化したチャットシステムで、「スカイプ」と比較すると、そちらでの利用なら「ディスコード」の方が何かと向いており、そのようなユーザーが多く利用しています。

「スカイプ」は、ビジネスでも使われる定番のチャットシステムだと表現していいでしょう。

PCではプリインストールされている(購入時からシステムに入っている)ことも多く、現在ではそれなりに存在する無料通話アプリの「はしり」だとも言われています。

まとめ

「ディスコード」「スカイプ」は、まず、アプリとして違うもので、「LINE」を使っていれば、どちらもそれに類似したものだと考えると分かりやすいでしょう。