スポンサーリンク

「堅固」と「強固」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「堅固」と「強固」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「堅固」「強固」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「堅固」とは?

「堅固」とは?

「堅固」の意味と使い方について紹介します。

「堅固」の意味

「堅固」「けんご」と読みます。

「けんこ」と読み間違わない様にしましょう。

意味は「しっかりしていること」「すこやかで安全なこと」「確かで頼れること」「まったく」「きっと」になります。

「堅固」の使い方

「堅固」は、形容動詞として「堅固だ」と使われる他、名詞の修飾語として「堅固な」と使われたり、「用心堅固(しっかりと気配りをすること)」など四字熟語として使われます。

「堅」「固」「かたい」と読むので、同じ意味を強調した言葉になり、それだけ「しっかりしていること」を表すのです。

また、「堅固」は物の構造や人の精神がしっかりしていることを表す言葉であり、生き物が肉体的に丈夫な様子には滅多に使われません。

「強固」とは?

「強固」とは?

「強固」の意味と使い方について紹介します。

「強固」の意味

「強固」「きょうこ」と読みます。

意味は「丈夫で固いこと」「しっかりとして確かなこと」になります。

「強固」の使い方

「強固」は、形容動詞として「強固だ・である」と使ったり、名詞の修飾語として「強固な」と使われたりします。

「強固」「強い」「固い」という漢字で成り立っていることから「しっかりしている」だけではなく「強度も高いこと」を強調しています。

こちらも物の構造や精神的な強さに使われる言葉ですが、「かたさ」だけでなく「つよさ」も含んでいるのです。

「堅固」と「強固」の違い!

「堅固」と「強固」の違い!

「堅固」は、「しっかりして安定している様子」という意味です。

「強固」は、「しっかりとしていて強い様子」という意味です。

まとめ

まとめ

今回は「堅固」「強固」の違いをお伝えしました。

この2つは非常によく似ているのですが、「堅固」「しっかりとしていること」で、「強固」「しっかりとして強いこと」と覚えておきましょう。