「贈り物」と「贈答品」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「贈り物」と「贈答品」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「贈り物」「贈答品」の違いを分かりやすく説明していきます。

「贈り物」とは?

「贈り物」とは、何かの記念やお祝い事の際に贈る為の品物を指して使います。

また、それとしてもらった方が、「○○さんから贈り物をいただいた」などと使うこともできます。

品物自体は特に関係なく、そのような事情で人に渡すものであれば「贈り物」と表現でき、もらった方も同様に、それだと使って構いません。

また品物だけでなく、サービスの類いや契約などにも用いることができる言葉で、例えば、ビジネスで契約の際に少し相手側に譲ったという場合に、「なーに、ちょっとした贈り物だよ」のような使い方をすることがあります。

「贈答品」とは?

「贈答品」とは、贈り物、もしくはその返礼品として相手に贈られる品物のことです。

お中元やお歳暮のシーズンには、これに向いている箱入りのセット商品が、よく「贈答品用」などと銘打って発売されています。

「贈答品」という漢字からも、誰かに贈る、もしくはそのお返し(答え)となる品物といった意味に受け取れる為、見た目そのままの意味で解釈できる言葉です。

「贈り物」と「贈答品」の違い

「贈り物」「贈答品」の違いを、分かりやすく解説します。

「贈り物」は、人に贈る物のことで、もらった方からもそれだと使うことができます。

先のように、品物だけに使う表現という訳でもなく、形のない対象がそれだと用いることもできます。

「贈答品」は、贈り物やその返礼品となる品物のことで、それに向いている品物だという意味で暗に使われる場合もあります。

例として、お中元やお歳暮のシーズンが終わった後に売れ残って安く販売されている品物に対し、「贈答品の売れ残りを狙うのがお得だよ」のように用いられた場合がその意味になると考えていいでしょう。

まとめ

「贈り物」「贈答品」は、このような言葉です。

「贈り物」は、「贈答品」も含む言葉だと考えることができますが、上のようなそれに向いているという解釈は、「贈答品」独自のものとなります。