「アーティスト」と「歌手」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アーティスト」と「歌手」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アーティスト」「歌手」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アーティスト」とは?

「アーティスト」の意味と概要について紹介します。

意味

「アーティスト」は、「芸術活動をする人の総称で、音楽家・美術家・写真家などのこと」という意味です。

概要

「アーティスト」は、英語の“artist”が日本語化した言葉です。

“art”「芸術」「美術」「美の創造」「自然の模倣」などの意味があります。

つまり、「アーティスト」とは、様々な芸術活動をする人のことを表します。

芸術家として知名度が高い人や、芸術活動を職業としている人のとを言います。

日本では、音楽家や歌手、楽器のプレイヤーなどに対して「アーティスト」と呼ぶことが多くなります。

これはプライドや尊敬の意味が含まれているもので、正しくは「ミュージシャン」になります。

また、自己表現を追求している人が自称「アーティスト」を名乗ることもあります。

「歌手」とは?

「歌手」の意味と概要について紹介します。

意味

「歌手」「かしゅ」と読み、「歌を歌うことを職業にしている人」という意味です。

概要

「歌手」は、歌を歌ってお金を稼いでいる人のことを言います。

人が作詞作曲した楽曲を歌うこともあれば、自分で作詞作曲することもあります。

一般的にはコンサート活動をしたり、CDを発売したりしますが、中にはアニメの主題歌を専門で歌ったり、テレビCMで流れる歌を歌ったりする仕事もあります。

基本的に芸能事務所に所属して、楽曲がヒットする様にプロモーションして貰います。

「アーティスト」と「歌手」の違い!

「アーティスト」は、「音楽家・美術家・写真家など、芸術活動をする人」です。

「歌手」は、「歌を歌うことを職業にしている人」です。

まとめ

「アーティスト」「歌手」は、基本的に意味が違います。

「歌手」を尊敬した表現として「アーティスト」と使うこともあると覚えておきましょう。