「移管」と「移行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「移管」と「移行」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「移管」「移行」の違いを分かりやすく説明していきます。

「移管」とは?

「移管」とは、管理する対象が移動するという意味になります。

「この業務は、来月から子会社へ移管されるらしい」などとビジネスでよく使われる言葉で、子会社に管理が移る(そちらの担当業務となる)ことが表現されています。

その業務などの管理が必要な対象に用いられ、「あの公園の管理が県から市に移管される」「移管されてきた仕事の担当になった」のような使い方になります。

「移行」とは?

「移行」は、何かの状態が他に移るという意味で使われます。

こちらもビジネスでよく用いられる言葉で、「このプロジェクトも、そろそろ次の段階に移行する」のような使われ方になり、今の状態から次の状態に移ると言っていることになります。

「データの移行」とも用いることもでき、そのデータの収納場所が他に移るという解釈になります。

例えば、「大事なデータを、PC内のハードディスクからサーバーに移行しておいた」のように使われます。

「移管」と「移行」の違い

「移管」「移行」の違いを、分かりやすく解説します。

「移管」は、管理の担当が他に移るという意味になり、「業務移管」という使い方をビジネスでよく見聞きします。

倒産した会社から業務内容が別の会社に移り、そのまま存続するという場合を例に挙げると、「倒産したらしいが、業務としては別の会社に移管されて存続するようだ」といったように用いられます。

「移行」は、状態が移るという表現になります。

「社長が変わることに合わせて、新体制に移行するらしい」のような使われ方になる言葉で、この場合には、会社の体制が新しくなる(新しい状態に移る)ことが表現されています。

まとめ

「移管」「移行」は、このような言葉です。

「移管」は、権利(の管理)に対しても使える言葉で、「所有権が移管されたらしい」などと使う場合もあります。