「通知」と「告知」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「通知」と「告知」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「通知」「告知」の違いを分かりやすく説明していきます。

「通知」とは?

「通知」とは?

「通知」とは、何かの知らせという意味になります。

「システムに異常があるという通知だ」と使われた時には、そのような知らせが端末などにあったと分かります。

ビジネスでも、「16時に会議室に来るようにと通知があった」「明日の予定は、通知した通りだ」などと用いられる言葉で、内容は何であろうと、その知らせという意味で広く使われます。

「告知」とは?

「告知」とは?

「告知」とは、告げることを表して使います。

「告知する」と使うと、何かを告げることになり、「緊急告知」とすると、至急告げたいことがあるといった意味になると解釈できます。

「通知」と同じく、「知らせる」という行為には変わりありませんが、こちらの「告知」は、それよりも大切な内容の場合に使われる表現となります。

その為、「告知があるようだ」と使った時には、大事な内容が告げられるのだと考えていいでしょう。

「通知」と「告知」の違い

「通知」と「告知」の違い

「通知」「告知」の違いを、分かりやすく解説します。

「通知」は、知らせのことになり、「通知する」で、知らせるという解釈になります。

内容は特に問わない表現の為、ビジネスで使われる場合から、人に何かを知らせる時に、「ちょっとした通知がある」のように使われることもあります。

「告知」は、比較的大きな内容を告げるという意味になる言葉です。

ただし、本当にそうだとは限らず、前述の「緊急告知」とされた時でも、大袈裟にそのように使っているだけの場合もあり、特にテレビでは、よくそのような使い方をされています。

意味合いとしては同じ言葉ですが、「告知」とされた方が、上のような例外を除き、大事なことが伝えられるのだと考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「通知」「告知」は、このような言葉です。

「告知」とあった時には、それなりに構えて聞くことになりそうです。