「集計」と「合計」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「集計」と「合計」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「集計」「合計」の違いを分かりやすく説明していきます。

「集計」とは?

「集計(しゅうけい)」とは、「出所が異なる個別の数字(データ)を寄せ集めて合計すること・足し合わせること」を意味している言葉です。

「集計」という言葉は「複数のアンケート用紙(答案用紙)を寄せ集めてそれらの数字を足すこと・足したもの」のように、「個別の数字(データ)を異なるところから寄せ集めて合計する」という意味を持っています。

例えば、「各店舗の売上を急いで集計してください」のような例文で使用することができます。

「合計」とは?

「合計(ごうけい)」とは、「二つ以上の数字を合わせること」「二つ以上の数字を合わせたもの」を意味している表現です。

「合計」という言葉は、「そこにある複数の数字を足すこと・足したもの(差し引きしたもの)」を示しているのです。

例えば、「二人の点数を合計しました」「三点の商品のお買い上げで、お会計は合計2万円となります」のような文章で使われます。

「集計」と「合計」の違い!

「集計」「合計」の違いを、分かりやすく解説します。

「集計」「合計」「数字を足し合わせる・足し算の結果」という意味は共通していますが、「集計」には「別々の場所から手に入れた数字(データ)を寄せ集めて足し合わせる」という意味のニュアンスが強くなっています。

「合計」というのは「単純に複数の数字を合わせて足すこと・二つ以上の数字を足したもの」を意味していて、「アンケートの集計」のように「別々のところから得た数字を寄せ集めて足したもの」といった意味合いまではないという違いがあるのです。

例えば、「点数を合計する」という文章は「手元にある答案用紙を見て、点数の数字を足すこと」を示していますが、「点数を集計する」になると「別々の場所から答案用紙を寄せ集めて、その点数を足すこと」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「集計」「合計」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「集計」という言葉は、「複数の個別の数字(データ)を集めて合計すること」を意味しています。

「合計」とは、「二つ以上の数字を合わせること・二つ以上の数字を合わせたもの」を意味している言葉です。

「集計」「合計」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。