スポンサーリンク

「襲う」と「攻撃」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「襲う」と「攻撃」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「襲う」「攻撃」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「襲う」とは?

「襲う」とは?

「襲う」という表現は、不意をついて「攻撃」するという解釈になります。

つまり、対象になる相手が戦闘態勢となる前に「攻撃」することで、「あの角で出会い頭に襲う計画だ」などと使われる言葉です。

よって、あまりいい表現ではなく、昔の戦国時代などのそういった行為が当たり前だったような状況において用いられることが多いですが、現代でも先の例や、「寝込んだところを襲う」のように使われています。

「攻撃」とは?

「攻撃」とは?

「攻撃」は、相手に対して攻めるという意味の言葉です。

戦闘行為においては、傷付けることが目的になりますが、スポーツで点を取りにいくという行為に対しても使われます。

この逆が「防御」になり、ゲームでは、キャラクターが敵に「攻撃」したり、その敵からの「攻撃」を防御するといった具合に使われる、対になる言葉同士です。

尚、「言葉による攻撃」という使い方もあり、それを「口撃」などと表現することがありますが、正しい言葉ではなく、「口」「攻撃」することからの造語です。

「襲う」と「攻撃」の違い

「襲う」と「攻撃」の違い

「襲う」「攻撃」の違いを、分かりやすく解説します。

「襲う」は、相手の不意をついた「攻撃」のことで、戦闘行為においてのこの目的は、堂々と正面から戦うより楽に勝利することだと考えていいでしょう。

その「攻撃」は、相手を攻めることで、スポーツではこれによって得点することが目的になります。

攻められたと思えば、「攻撃された」と使うことができ、それが不意をついたものだった場合には、「襲われた」という使い方になると考えていいでしょう。

まとめ

まとめ

「襲う」「攻撃」は、このような違いになります。

「襲う」も、「攻撃」の一種で、あまりいい表現にはなりませんが、戦力の差や状況によっては、とても有効な「攻撃」の手段だと言うことができます。