「プロ画」と「トプ画」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「プロ画」と「トプ画」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「プロ画」「トプ画」の違いを分かりやすく説明していきます。

「プロ画」とは?

「プロ画」とは?

「プロ画」とは、「プロフィール画像」を略した言葉です。

一見では「プロが描いた絵」のようなニュアンスも受けてしまいますが、そのような意味ではありません。

主に各種のSNSでそのアカウントのプロフィールに使っている画像のことで、「そのプロ画いいね、自分で描いたの?」などと用いられています。

そのようなイラストや写真など、画像(ファイル)であれば自由に設定できることがほとんどですが、他人が描いたものや版権の存在するキャラクターやマークなどは問題になることがあるので注意してください。

「トプ画」とは?

「トプ画」とは?

「トプ画」は、「トップ画像」の略になります。

ホームページやブログなどのwebサイトのトップを飾る画像のことで、大きなロゴマーク(そのページのタイトル)がそれだといったこともあります。

SNSの「プロ画」のことをこの「トプ画」と呼ぶこともありますが、プロフィールがあり、そこに「プロ画」とは違う別の画像が設定できる場合、そちらと混同してしまう可能性がある為、分けて使うことが推奨されます。

「プロ画」と「トプ画」の違い

「プロ画」と「トプ画」の違い

「プロ画」「トプ画」の違いを、分かりやすく解説します。

「プロ画」は、「プロフィール画像」のことで、「トプ画」の方は、「トップ画像」を略した言葉です。

先のように、「プロ画」のことを「トプ画」と呼ぶこともあり、1つしか画像の設定ができないSNSなどでは同じ意味になります。

「プロ画」の説明にも書きましたが、「トプ画」にも人が描いたものや版権のある画像はおすすめできません。

特に著作権の扱いに厳しいものを使ってしまうと、使用料の請求といった問題にも発展してしまうことがある為、共にこの点には注意が必要です。

まとめ

まとめ

「プロ画」「トプ画」は、このように違います。

同じ意味になることもありますが、別のものを指す言葉だと解釈しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物