「サインイン」と「サインアップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サインイン」と「サインアップ」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サインイン」「サインアップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サインイン」とは?

「サインイン」の意味と概要について紹介します。

「サインイン」の意味

「サインイン」の意味は、「既にそのサイトの会員の人が、サイトにアクセスすること」です。

「サインイン」の概要

「サインイン」は英語で“sign in”と書き、「署名して入る」という意味になります。

主にインターネット用語として使われ、既にそのサイトの会員になっている人が、ブラウザやアプリからユーザー名やパスワードを入力して、本人であることを証明することを言います。

ユーザー名とパスワードが承認されれば会員サイトにアクセスができて、コンテンツを利用できるのです。

最近では「ログイン」と言われることが多くなっていますが、基本的に同じ意味です。

サイトによっては定期的にパスワードの変更を促すこともあるので、しっかり管理をしておくことが大切です。

「サインアップ」とは?

「サインアップ」の意味と概要について紹介します。

「サインアップ」の意味

「サインアップ」は、「これからそのサイトのアカウントを作ること」という意味です。

「サインアップ」の概要

「サインアップ」は英語で“sign up”と書き、「登録を申し込む」という意味になります。

こちらもインターネット用語として使われ、あるコンテンツやサービスを利用する為に、新しくアカウントを作成することを言います。

登録することで、そのサービスが開始されるイメージとして「サイアップ」と使われているのです。

1度アカウントを作成すると、ブラウザに記憶させれば次回からはサイトやアプリを立ち上げれば自動的に「ログイン」したことになります。

パスワードを記憶させたくない場合は、都度「サインイン・ログイン」を行います。

「サインイン」と「サインアップ」の違い!

「サインイン」「既に会員の人が、IDやパスワードを入力すること」です。

「サインアップ」「サービスを利用する為に、新しくアカウントを作成すること」です。

まとめ

今回は「サインイン」「サインアップ」の違いをお伝えしました。

「サインインは会員サイトにアクセスすること」「サインアップはアカウントを新規作成すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物