「解析」と「解答」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「解析」と「解答」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「解析」「解答」の違いを分かりやすく説明していきます。

「解析」とは?

「解析」とは?

「解析」とは、細かいところまで分析し、調べることです。

「データの解析によると~」といったような使われ方が多く、そのデータを細かく分析して調べた結果では~と言っているのと同じになります。

それによって何かが分かることが目的だったり、原因の分析などに対して用いられる言葉で、「解析ができない」とした時には、詳細な(確信に迫るような)部分まで分からなかったという解釈になります。

「解答」とは?

「解答」とは?

「解答」とは、「正しい答え」という意味になります。

この言葉は、同音の「回答」と間違えられることも多いので、それには注意してください。

その「回答」とすると、「質問や設問に対して答えること」という意味になります。

よって、その答えが間違っていたとしても関係なく、「答案に回答する」のように用いられますが、こちらの「解答」は、それが合っていることがはっきりしていて初めて使える表現の為、「解答を見ながら答え合わせした」などと使われます。

その為、「かいとうする」といった口語表現は、「回答」の方だと分かります。

「解析」と「解答」の違い

「解析」と「解答」の違い

「解析」「解答」の違いを、分かりやすく解説します。

「解析」は、対象を細かく調べることで、それが必要だと判断した場合に行われるものです。

ただし、先に挙げた「解析ができない」ということもあり、これを行ったからといって、必ず望み通りの結果が得られるという訳でもありません。

「解答」は、正しい答えの表現で、数字のように正確なものが存在しない場合には、「模範解答」とすると、このような形が正解だと表現することができます。

まとめ

まとめ

「解析」「解答」は、このような違いになります。

「解析」を行ったことで、「解答」が得られたという場合も少なくない為、これらは一緒に使われる場合も多い言葉です。