「仕入」と「消耗品」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「仕入」と「消耗品」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「仕入」「消耗品」の違いを分かりやすく説明していきます。

「仕入」とは?

「仕入」とは?

「仕入」とは、商品や原材料などを買い込むことを言います。

商売、仕事において「仕入」は基本となります。

物だけでなく、情報、物事などを自分のものとして取り入れることも「仕入」と言います。

「問屋から仕入をする」「仕入帳もつけてないとはどういうことだ」「仕入先を思い切って変えることにした」などと使います。

「消耗品」とは?

「消耗品」とは?

「消耗品」とは使うことでなくなる、傷がついて使えなくなったりする物を言います。

仕事などでは、事務用品などを言います。

一般家庭においては、文房具、下着類、タオルなどを言います。

「消耗品なので買い置きをしていても問題はない」「家計のやりくりは、消耗品の節約をするなど工夫が必要だ」などと使います。

「仕入」と「消耗品」の違い!

「仕入」と「消耗品」の違い!

「仕入」「消耗品」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらの言葉も商売、仕事においてよく使われる言葉です。

しかし言葉の意味はまったく違うものですから、正しい意味を理解しておく必要があります。

まず「仕入」ですが、これは商売などを始めるにあたって必ず必要なことです。

販売をする為の商品、製造や加工をする為の原料を買い込むことを言います。

それ以外の意味合いとしては物事を自分のものとして取り入れることも「仕入」と言い表します。

例えば「勉強会に行って、最新の情報を仕入れてきた」などと使います。

一方の「消耗品」ですが、こちらは言葉の意味としては使ってなくなる物、もしくは傷がつくなどして機能が落ちる物などを言います。

仕事だけではなく家庭でもよく使う言葉となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「仕入」「消耗品」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

簡単に覚えるならば「仕入は買い込む、取り入れる物」「消耗品は使ったらなくなる、傷つく物」と覚えておけば、使い分けに迷うことはありません。

言葉の意味を正しく理解して使っていきましょう。