「Cute(キュート)」と「Pretty(プリティ)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Cute(キュート)」と「Pretty(プリティ)」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Cute(キュート)」「Pretty(プリティ)」の違いを分かりやすく説明していきます。

「Cute(キュート)」とは?

「Cute(キュート)」の意味と使い方について紹介します。

「Cute」の意味

「Cute」には「小さい」「若い・幼い」「愛らしい」という意味があります。

「Cute」の使い方

「Cute」は、ネイティブが使う場合、小さい女の子が持っているかわいらしさのことを言います。

外見に関わらず、全体的な雰囲気が小さくてかわいくて、思わずハグしたい、守ってあげたいと思う時の表現です。

たとえば「赤ちゃん」「小さな子供」「小動物」「小物・雑貨」「小ぶりのぬいぐるみ」などがあります。

若い女性が日常会話で「カワイイ!」と言う時には「Cute」の意味になります。

また、海外では若いイケメンの男性に対しても“He is so cute.”と言うことがあります。

日本では男性に「カワイイ」は失礼だと思いがちですが、海外ではごく自然な誉め言葉として使われています。

「Pretty(プリティ)」とは?

「Pretty(プリティ)」の意味と使い方について紹介します。

「Pretty」の意味

「Pretty」には「見た目がいい」「美しい」「セクシー」という意味があります。

「Pretty」の使い方

「Pretty」は、ネイティブが使う場合、「容姿が美しいこと」「上品で大人っぽいこと」を言います。

見た目が大きな割合を占めている言葉で、どちらかと言うと「beautiful」の弱い意味になると言えます。

人や動物はもちろん、自然の風景や洋服など幅広く使われます。

海外では、女性を誉める時には「かわいい」よりも「美しい・セクシー」と言った方が喜ばれるのです。

「Cute(キュート)」と「Pretty(プリティ)」の違い!

「Cute(キュート)」「小さくて雰囲気がかわいらしいこと」です。

「Pretty(プリティ)」「見た目が美しく上品なこと」です。

まとめ

今回は「Cute(キュート)」「Pretty(プリティ)」の違いをお伝えしました。

「Cuteはかわいい」「Prettyは美しい」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物