「外見」と「外観」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「外見」と「外観」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「外見」「外観」の違いを分かりやすく説明していきます。

「外見」とは?

「外見」とは?

「外見」の意味と使い方について紹介します。

「外見」の意味

「外見」「がいけん」「そとみ」と読みます。

意味は、「外側から見た様子」「他人に見せたり、見られたりすること」になります。

「外見」の使い方

「外見」は名詞で、「外見を取り繕う」など独立して使われたり、「外見的」として「その様な性質を持っている」という意味で使われます。

「そとみ」と読む人もいますが、基本的には「がいけん」と読むことが多くなります。

「外」「そと」と読み、「その範囲から出た部分」という意味で、「見」「みる」とも読み「視覚で捉えること」という意味です。

つまり、本体或いは本人から離れて、客観的に見た様子のことを表す表現です。

「外見」は主に「人の見た目」を表すことが多くなります。

もちろん物にも使われますが、基本的に人を客観的に見て、容姿やスタイル、髪型や服装、持ち物など全てを表します。

「外観」とは?

「外観」とは?

「外観」の意味と使い方について紹介します。

「外観」の意味

「外観」「がいかん」と読みます。

意味は、「外側から見たものの状態や景色」「表面に見える姿形」になります。

「外観」の使い方

「外観」は名詞で、「外観が良い」など独立して使われます。

主に、建造物など規模が大きなものがパッと見た瞬間目に入っている様子であり、「見た目」「ありのままの様子や状態」を表します。

「モダンな外観」「オシャレな外観」と言えば、マンションやレストランなどをイメージしますが、「人」に使われることはまずありません。

「外見」と「外観」の違い!

「外見」と「外観」の違い!

「外見」は、「客観的に見た様子で、人に使われることが多い言葉」です。

「外観」は、「外側から見た全体の様子で、規模の大きなものに使われる言葉」です。

まとめ

まとめ

今回は「外見」「外観」の違いをお伝えしました。

「人に使われるのが外見」「物に使われるのが外観」とおぼえておきしょう。