「理想のタイプ」と「好きなタイプ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「理想のタイプ」と「好きなタイプ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「理想のタイプ」「好きなタイプ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「理想のタイプ」とは?

「理想のタイプ」とは、考えて最も素晴らしい、望ましいタイプのことを言います。

「理想のタイプ」とは人や物などに使われる言葉ですが、頭の中で考えて「これが一番いい」「素晴らしい」と思ったことに言うのです。

「僕の理想のタイプは色白で料理が上手な人」「自分の理想のタイプはあるけど、なかなかそんな商品は売っていない」という風に使います。

「好きなタイプ」とは?

「好きなタイプ」とは、自分の心が惹きつけられる、自分の気持ちに合うタイプであることを言います。

これは心で感じることですから、必ずしも優れているとか、望ましいというわけではありません。

その為「好きなタイプはワガママな人」「浮気性な男だけど、彼女にとっては、好きなタイプだから別れないようだ」という言い方もできるのです。

「理想のタイプ」と「好きなタイプ」の違い!

「理想のタイプ」「好きなタイプ」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は、人や物などによく使われます。

それぞれの言葉は違う意味を持っていますので、使い分けるようにしましょう。

まず「理想のタイプ」ですが、これは自分が考えて「最も素晴らしい」「最も望ましい」というタイプという意味になります。

ですから実際にはそのようなタイプは、存在しないということもあるでしょう。

一方で「好きなタイプ」です。

これは「自分の心が惹きつけられる」「自分にぴったり合う」というタイプのことを言います。

どちらも自分の好みであることには変わりありませんが、意味合いが違うのです。

「理想のタイプは頭で考える」「好きなタイプは心で感じる」といった覚え方もおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「理想のタイプ」「好きなタイプ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらの言葉も、自分の好みを表す時によく使われる言葉ですが意味が違いますので、理解して使い分けてください。