「奢侈を尽くす」と「贅沢」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「奢侈を尽くす」と「贅沢」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「奢侈を尽くす」「贅沢」の違いを分かりやすく説明していきます。

「奢侈を尽くす」とは?

「奢侈を尽くす」は、「しゃしをつくす」と読みます。

この「奢侈」とは、身の丈に合わない生活ぶりのことで、そのような生活も甚だしいという意味で使われる言葉です。

度合いは人によって様々ですが、その人の普段の生活からは考えられないほどという解釈になり、多少お金を持っていると思われる人でも、それくらいではとても無理だろうという生活ぶりがこのように表現されます。

「贅沢」とは?

「贅沢」とは、必要以上のことと解釈される言葉です。

「贅沢な食事だ」と言えば、そこまでは必要のないほど豪華な食事という意味になり、「贅沢な生活ぶり」は、「奢侈を尽くす」ことと似た表現になります。

その「奢侈」は、生活ぶりだけに特化して使われる言葉なのに対し、こちらは上の「贅沢な食事」と使ったり、「贅沢な買い物をしてしまった」などとも使うことができます。

「奢侈を尽くす」と「贅沢」の違い

「奢侈を尽くす」「贅沢」の違いを、分かりやすく解説します。

「奢侈を尽くす」は、無理な生活ぶりに対して使われる言葉で、決して褒め言葉にはならず、それが非難や中傷の対象になることも少なくありません。

「贅沢」も、必要以上のことだという表現になりますが、生活ぶり以外にも使うことができ、先のように「贅沢な生活ぶり」は、「奢侈を尽くす」ことになりますが、「贅沢な生活」だけではそこまではいかず、「贅沢を尽くした生活ぶり」として、「奢侈を尽くす」と同等の解釈になると考えてください。

それだけ「奢侈を尽くす」は、必要以上に身の丈の合わない生活の表現になり、いい意味で使われることはまずなく、「あれだけ奢侈を尽くせば、破産してもおかしくない」などといったように用いられる言葉です。

まとめ

「奢侈を尽くす」「贅沢」は、このような言葉です。

「贅沢な生活」が過ぎることが「奢侈を尽くす」ことになると覚えておけばいいでしょう。