スポンサーリンク

「異動」と「転勤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「異動」と「転勤」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「異動」「転勤」の違いを分かりやすく説明していきます。

ビジネスシーンで見られる2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「異動」とは?

「異動」とは?

「異動」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「異動」「いどう」と読みます。

「異動」「職場の地位、勤務などが変わること」という意味があります。

また「転任、退任などの人事の動き」という意味があります。

例えば、営業職として働いていた人が、事務職のポストに代わる時、「営業から、事務に移動になった」などと言います。

また、平社員から、係長になるというように、地位が変わることを上司などに知らされるとき、「係長に異動になるという知らせを受けた」などと言います。

また自ら社内にある、異なる部署で働きたいという希望を出すとき、「異動届を出す」と表現できます。

また、これまでとはまるで違う職種での勤務を言い渡されて、会社を辞めることを決めたとき、「不本意な異動に納得できずに、会社を辞める」などという文章にできます。

このように「異動」には、「職場の地位、勤務などが変わること」という意味があり、会社員として働いている人には、身近な言葉となります。

「転勤」とは?

「転勤」とは?

「転勤」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「転勤」「てんきん」と読みます。

「転勤」「同じ官庁や企業などの中で、勤務地が変わること」という意味があります。

大きな企業や、官庁などは、日本中、世界中に支店や営業所を持っているため、勤務地が変わることがあります。

例えば、東京本社で働いていた人が、沖縄の営業所で働くことになる時、「沖縄の営業所に転勤になる」などと言います。

また、繰り返し、勤務地が変わっていくような立場にいる人は、「転勤族(てんきんぞく)」と呼ばれます。

「父親が転勤族だから、転校してばかりいる」などと、転勤族の子供が愚痴ることもあるでしょう。

このように、「転勤」は、同じ企業や官庁に勤めながら、勤務地が変わることを示唆します。

「異動」と「転勤」の違い

「異動」と「転勤」の違い

「異動」「転勤」の違いを、分かりやすく解説します。

「異動」「職場の地位、勤務などが変わること」という意味があります。

一方で「転勤」「同じ官庁や企業などの中で、勤務地が変わること」という意味があります。

どちらも勤務環境が変わることを示唆する言葉になります。

また、どちらも、同じ企業や官庁に勤めながら、勤務環境が変わることを示唆します。

ただし「異動」「地位や仕事内容」などが変わることを示唆するのに対して、「転勤」「勤務地が変わる」ことを重点的に示唆する言葉になります。

そのため、勤務環境が変わる時、何がいちばん大きく変わるのかを考えると、「異動」「転勤」を使いわけることができるようになるでしょう。

まとめ

まとめ

「異動」「転勤」の違いについて見てきました。

実際に、勤務環境が変わるとき、「異動」「転勤」を使いわけられるようになるのではないでしょうか。