サーフィンの「ロングボード」と「ショートボード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロングボード」と「ショートボード」の違い スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、サーフィンの「ロングボード」「ショートボード」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ロングボード」とは?

「ロングボード」とは、「長さが9フィート(274. 32cm)以上あるサーフボード」のことを意味しています。

「ロングボード」は長さのある形状や面積の広さによって「安定性・直進性・浮力」に優れているサーフボードです。

「ロングボード」は重量がかなりあるため、人力でのボード操作はほとんどできず、基本的なレールワークを使って波に乗ります。

ただいったん波に乗れば安定するので一本の波を乗り継ぎやすく、「ロングボード」「女性・子供・初心者」に使われやすいボードになります。

「ショートボード」とは?

「ショートボード」とは、「長さが7フィート(213. 36cm)以下のサーフボード」のことを意味しています。

「ショートボード」は種類・形状が複数あり、「掘れた波・小波」などに適したショートボードを選ぶことでよりダイナミックなサーフィンを楽しむことができます。

「ショートボード」はノーズ(先端部分)が鋭く尖っていてロッカーが強いタイプが多く、ロングボードよりターン性能が高くなっています。

鋭いターンをして楽しめる特長がありますが、ターンのコントロールの難易度が高くなるので、「中級者以上」に向いたサーフボードになります。

サーフィンの「ロングボード」と「ショートボード」の違い!

サーフィンの「ロングボード」「ショートボード」「波に乗るためのサーフボード」という点は共通していますが、「ロングボード」「長さ9フィート(274. 32cm)以上のサーフボード」を意味していて、「ショートボード」「長さ7フィート(213. 36cm)以下のサーフボード」を意味している明確な定義の違いがあります。

また「ロングボード」のほうが比較的波に乗りやすいので、「ショートボード」よりも初心者向きである違いも指摘できます。

「ロングボード」「波を長く乗りつなぐこと」に向いていて、「ショートボード」「波の先端でターンなどのアクションを入れること」に向いています。

まとめ

「ロングボード」「ショートボード」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ロングボード」「長さ9フィート(274. 32cm)以上のサーフボード」を意味していて、「ショートボード」「長さ7フィート(213. 36cm)以下のサーフボード」を意味している違いがあります。

「ロングボード」「ショートボード」の意味の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物