スポンサーリンク

「canine」と「dog」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「canine」と「dog」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「canine」「dog」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「canine」とは?

「canine」とは?

「canine」という英単語は、「犬・イヌ・イヌ科の・イヌに似た・犬歯」を意味しています。

動物としての単体の「犬・イヌ」を指示する言葉としてはあまり使われませんが、「犬の~・イヌ科の~」という修飾語的な表現として使われる英単語です。

「canine」の英単語には、「文語(書き言葉)・アカデミック(学術的)・専門用語・医療や病名と関係する」といったニュアンスがあります。

例えば、「canine class」(イヌ科)や「canine adenovirus」(イヌ・アデノウイルス)などの慣用的な表現が使われています。

また「canine」「イヌ科の動物」を包摂するので、厳密には「イヌ以外のオオカミ・キツネなどの動物」も含みます。

「dog」とは?

「dog」とは?

「dog」という英単語は、「犬・イヌ」を意味しています。

「dog」は動物としての一般的な犬(イヌ)を意味する英単語であり、「口語(話し言葉)・フランクな言い回し」のニュアンスがあります。

「dog」「イヌを意味する一般的な名詞」としてあらゆる場面で使用することが可能ですが、「アカデミックで専門的な表現・医療(病名など)と関係する言い回し」では基本的に使われません。

「canine」と「dog」の違い!

「canine」と「dog」の違い!

「canine」「dog」の違いを、分かりやすく解説します。

「canine」「dog」もどちらも「犬・イヌ」を意味していますが、「dog」のほうが「一般的・具体的な動物としての犬」の意味合いが強くなっています。

「canine」「dog」と比べると、「アカデミックで専門用語的な意味のニュアンスが強い」という違いを指摘できます。

「猫・ネコ」を意味する「feline」「cat」の関係と同じ関係性になっています。

そのため、「canine coronavirus」(イヌ・コロナウイルス)のような医学用語などでは、「dog」はほぼ使われないという違いがあるのです。

また「canine」「イヌ科の動物」を意味するので、「犬以外のオオカミなども含む」という違いも指摘できます。

まとめ

まとめ

「canine」「dog」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「canine」という英単語は「犬・イヌ科の・イヌに似た・犬歯」を意味していて、アカデミックなニュアンスがあり専門用語などで使われます。

「dog」という英単語は、「一般的な犬・イヌ」を意味しています。

「canine」「dog」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物