「メール」と「チャット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メール」と「チャット」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メール」「チャット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「メール」とは?

「メール」は、実際の手紙を電子化したものとして広く利用されています。

携帯電話でのみ利用が可能な「ショートメール」というものもありますが、この「メール」と言えば、一般的な「eメール」のことだと考えていいでしょう。

送受信には、手紙の住所に当たるアドレスが必要になり、これは、メールの利用契約を結んだプロバイダから提供されます。

形式として、「自分で決めることができるユニークな文字列@プロバイダのドメイン(メールボックスサーバー)」という形になり、ファイルを添付して送信することも可能です。

「チャット」とは?

「チャット」は、各々がリアルタイムに書き込んでいく電子掲示板だと考えていいでしょう。

その掲示板の場合、1つ1つの発言にレスポンス(返事)が付くまでにそれなりの時間を要することが多いですが、チャットでは、それが先のようにリアルタイムなのが特徴で、現在の話し相手から数秒で返事が来ることも少なくありません。

「チャットルーム」と呼ばれるネット上の場所で行う場合と、特定のアプリケーションソフトが使用される場合に分かれ、前者では、その場所さえ知っていれば誰でも参加が可能ですが(パスワードなどによる入場制限が掛けられているケースもあります)、後者はそのソフトを使用している同士でのみ行うことができます。

「メール」と「チャット」の違い

「メール」「チャット」の違いを、分かりやすく解説します。

「メール」は、内容をまとめて送信し、その返事を待つというスタイルになる利用なのに対し、「チャット」は、リアルタイムで相手から反応があるという点が一番の違いになります。

また、「メール」はその内容を他の人に見せない限り、誰にも知られてしまうことはありませんが、「チャット」では、同じチャットルームに入場している全員にその内容が分かってしまいます。

その為、大勢で話し合うような利用に向いており、個人的な話であれば、チャット用のソフトを使ったやりとりにすれば、それ以外の人に見られてしまうことはありません。

まとめ

「メール」「チャット」は、このように異なります。

現在のLINEが「チャット」だと考えると分かりやすく、あのような文字だけでのリアルタイムなやりとりがそのように呼ばれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物