「モニター」と「ディスプレイ」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「モニター」と「ディスプレイ」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事をしていると、「モニター」「ディスプレイ」という言葉を耳にすることがあります。

しかし、これらの言葉の使い方に頭を悩ましている人が時折見かけるのですが、これら2つの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか?

「モニター」と「ディスプレイ」各々の解釈

では、ここで「モニター」「ディスプレイ」各々の言葉の意味を解釈してみることにしましょう。

「モニター」の意味や使い方

「モニター」「送信・録音などの状態を監視する装置」のことで、「モニターテレビ」というような使い方をしています。

また、その他に「ラジオや新聞・企業などで商品についての意見・批判を述べる人」のことを指して使うこともあります。

「ディスプレイ」の意味や使い方

「ディスプレイ」は、「コンピューターなどの映像表示装置」のことを意味しており、「CRT」「液晶ディスプレイ」「プラズマディスプレイ」などの用語として使われています。

「モニター」と「ディスプレイ」の違い

「モニター」「ディスプレイ」の違いを見ると、「モニター」「監視用途」「ディスプレイ」「広告やデータ表示用途」といった意味合いがあります。

そのことから、「モニター」「監視カメラでの映像などの専用に常時、表示する装置」「ディスプレイ」「広告やPCのデータの表示装置」というような使い分けがされています。

まとめ

「モニター」「ディスプレイ」の意味や違いを紹介してきました。

今では広く様々な用途に使われるため、両者の解釈の違いが低くなってきましたが、基本的な解釈のポイントが押さえておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物