「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の違い IT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「グローバルIPアドレス」とは?

「グローバルIPアドレス」とは?

「グローバルIPアドレス」とは、インターネットをする為に必要なもので、いわばネット上の住所といったものになります。

そして、これは世界中でただ一つで、重複はありません。

では「グローバルIPアドレス」で個人の特定ができるのかと言えば、実はそれだけではできません。

しかし、「グローバルIPアドレス」を管理している、インターネットサービスプロバイダを特定することは可能ですので、協力を得てそこから特定は可能となります。

「プライベートIPアドレス」とは?

「プライベートIPアドレス」とは?

「プライベートIPアドレス」とは、インターネット接続ができない、インターネット上の住所です。

つまり、社内間、家庭間などでやり取りをする際に使います。

「プライベートIPアドレス」はネットワーク内での重複はありません。

他のネットワークに同じ「IPアドレス」が存在することはありますが、インターネット上で通信ができない同士ですので、同じであっても問題はないのです。

「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の違い!

「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の違い!

「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「IPアドレス」という共通点はあります。

「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」とわざわざ分けてあるのは、理由があります。

「グローバルIPアドレス」のみの場合、「IPアドレス」に重複がないということで「IPアドレス」が枯渇するという問題が出てくる可能性があります。

それを防ぐ為にもインターネットに接続できる「グローバルIPアドレス」、ネットワーク内だけで使い、インターネット接続はできない「プライベートIPアドレス」と2種類に分けてあるのです。

「プライベートIPアドレス」はネットワーク内での重複がないだけです。

つまり他のネットワーク内で同じ「IPアドレス」があったにしても、インターネットで通信を行えないですので問題はないわけです。

このような仕組みで「IPアドレス」を節約することができます。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの違いが理解を理解して覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物