「メシウマ」と「人の不幸で飯がうまい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「メシウマ」と「人の不幸で飯がうまい」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「メシウマ」「人の不幸で飯がうまい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「メシウマ」とは?

「メシウマ」とは?

「メシウマ」の意味と概要について紹介します。

「メシウマ」の意味

「メシウマ」「他人の不幸で飯がうまい」を略したネットスラングです。

人の不幸に関することに対して喜んだり優越感を味わうことを意味しています。

「メシウマ」の概要

「メシウマ」は、「他人の不幸で飯がうまい」の略で、「人の不幸は蜜の味」ということわざと同じ意味です。

人の離婚や不祥事など、不幸に遭っている様子を見て勝ち誇ったり、喜んだりする言葉として使われています。

「メシウマ」は、2003年頃にインターネット掲示板「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」の野球板で使われ始めました。

元々はアンチ巨人板の「巨人が試合に負けると飯がうまい」スレッドへの書き込みからきていて、全国的にファンが多い巨人が負けると少数派のアンチ巨人がスッキリするという意味でした。

最近では野球だけではなく、芸能人などの様々な不幸なニュースに対して使われています。

お決まりの「AA」を伴って使われるのですが、社会的に味方の多い人に対して「メシウマ」と書き込んだ場合、炎上するリスクも高くなります。

「人の不幸で飯がうまい」とは?

「人の不幸で飯がうまい」とは?

「人の不幸で飯がうまい」の意味と概要について紹介します。

「人の不幸で飯がうまい」の意味

「人の不幸で飯がうまい」は、「人の不幸を聞いて安心したり、優越感に浸ること」という意味です。

ネット上で使われる表現であり、昔から使われていることわざではありません。

「人の不幸で飯がうまい」の概要

「人の不幸で飯がうまい」は、人が不幸になると、自分が勝ち誇った様な気持ちになり安心して、ご飯が美味しく食べられる様に感じることを言います。

先に紹介した「メシウマ」の元になる言葉で、ネット上で使われる表現です。

「メシウマ」と「人の不幸で飯がうまい」の違い!

「メシウマ」と「人の不幸で飯がうまい」の違い!

「メシウマ」「他人の不幸に対して喜んだり安心する気持ちのこと」です。

「人の不幸で飯がうまい」「メシウマの原型となる言葉」です。

まとめ

まとめ

今回は「メシウマ」「人の不幸で飯がうまい」の違いをお伝えしました。

どちらも同じ意味ですが、他人を嘲笑する意味ですので注意して使いましょう。