スポンサーリンク

「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ストリーミング再生」「ダウンロード再生」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ストリーミング再生」とは?

「ストリーミング再生」とは?

「ストリーミング再生」とは、動画の配信形式の1つで、再生する部分のデータをその都度受信しながらの再生になる方式です。

多くの動画サイトがこの形式で配信を行っており、視聴したいタイトルのページにアクセスすれば、すぐにそれが行えるのが特徴になります。

ただし、再生しながら次々と先のデータを読み込んでいる為、少し飛ばすといった時には多少時間が掛かることがあります。

その反面、1時間を越えるような動画でも、そのページにアクセスした直後から再生できるのがメリットだと言っていいでしょう。

「ダウンロード再生」とは?

「ダウンロード再生」とは?

「ダウンロード再生」とは、視聴する動画を一度ダウンロードした後に再生する方式になります。

よって、動画の画質や長さ、ネット回線の速度によっては、再生までに10分以上も掛かるような場合も少なくありません。

ですが、一度ダウンロードが終わってしまえば(キャッシュとして残ることで)、どの部分に飛ばしても瞬時に再生が可能で、何度でもすぐに再生することができる他、ダウンロードした動画ファイルとして保存しておけることもあります(これは、できるかどうかはその動画の提供元次第です)。

「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」の違い

「ストリーミング再生」と「ダウンロード再生」の違い

「ストリーミング再生」「ダウンロード再生」の違いを、分かりやすく解説します。

「ストリーミング再生」は、都度必要なデータを受信しながらの再生になり、「ダウンロード再生」は、その動画のダウンロードが終わって、初めて再生することができます。

両者とも先に挙げたようなメリット、及びデメリットがあり、どちらか自由に選択ができる場合には、自分の状況に合った方を選択してください。

まとめ

まとめ

「ストリーミング再生」「ダウンロード再生」は、このような違いになります。

「ダウンロード再生」は、主にその動画を購入する場合に用意されており、動画ファイルとして保存できれば、そのサイトにアクセスせずともその後は何度でも自由に視聴できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物