「ソウルメイト」と「ツインソウル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソウルメイト」と「ツインソウル」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソウルメイト」「ツインソウル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ソウルメイト」とは?

「ソウルメイト」とは?

「ソウルメイト」とは「魂の伴侶」という意味で、自分の人生において出会うべくして出会った相手のこと全般を言います。

親友、恋人、親、兄弟などは「ソウルメイト」である可能性は比較的高いとされます。

共通の価値観を持っている、気性が合う、初対面において懐かしさを感じる、何かと縁がある、など、今後も長く縁を続け大事にしていきたいと自然と思えるような人のことを言います。

「ツインソウル」とは?

「ツインソウル」とは?

「ツインソウル」とは「魂の双子」「魂の片割れ」で、意味合いとしては同じ魂を持った者同士、つまり「たった一人の運命の人」といったことになります。

「ツインソウル」は同性ではなく異性同士であるとされています。

出会えば愛し合う関係になりますが、場合によっては別れになることもあります。

それは「試練」を与えられるからなのです。

ですが一緒にいても別れていてもお互いの存在は大きく、成長し合う関係性になることは間違いないのです。

「ソウルメイト」と「ツインソウル」の違い!

「ソウルメイト」と「ツインソウル」の違い!

「ソウルメイト」「ツインソウル」の違いを、分かりやすく解説します。

「ソウルメイト」とは「魂の伴侶」で、複数人いるとされています。

関係性の良い親、恋人、親友といった存在は基本的に「ソウルメイト」と解釈してさしつかえないでしょう。

「ソウルメイト」といて感じる感情は「心地良さ」「楽しさ」「安心」といったものになります。

一方で「ツインソウル」ですがこちらは「自分の魂の片割れ」となります。

「ソウルメイト」よりもまだ強い結びつきと言えるでしょう。

基本的に「ツインソウル」は一人につき一人です。

愛し合い一生添い遂げる関係性になることがほとんどですが、場合によっては別れとなることもあります。

それは魂の成長の為の「試練」という解釈になっています。

一緒に添い遂げても、苦しく辛い別れとなっても、自分を大きく成長させてくれる相手ということは同じです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ソウルメイト」「ツインソウル」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

感覚として「ソウルメイト」は明るく軽やかな存在です。

一方、ツインソウルは強く、深い存在となります。