「テレックス」と「fax」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「テレックス」と「fax」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「テレックス」「fax」の違いを分かりやすく説明していきます。

「テレックス」とは?

「テレックス」とは?

「テレックス」の意味と概要について紹介します。

「テレックス」の意味

「テレックス」とは、「電話回線で文字を相手に送り、相手の端末に文字を表記させる仕組みのこと」という意味です。

「テレックス」の概要

「テレックス」「telegraph exchange」の略で、FAXが普及する前に使われていた通信機器のことを言います電話にタイプライター機能が搭載されている様な機械で、タイプライターにより文字を打ち、相手に電話をかけると、その文字が電子化されて相手のマシンに表示されるという仕組みです。

最初の頃は、タイプした文字は相手先でテープに穴の開いた信号として印刷されて、それを機械で読み取って文字に直していました。

段々とテープではなく、直接画面に文字が表示される様になりましたが、電話回線を使うとあり料金が高く、インターネットが普及すると共に使われなくなりました。

「fax」とは?

「fax」とは?

「fax」の意味と概要について紹介します。

「fax」の意味

「fax」は、「電話など通信回線を使い、画像を送る仕組みのこと」という意味です。

「fax」の概要

「fax」は、通信回線を使って、遠隔地で画像を送受信できるシステムのことを言います。

専用の機械で、相手の番号をダイヤルすれば、書類の原稿をスキャンすれば、そのまま信号化されて相手の機械に送られ、印刷できる様になっています。

手書きの文字や画像、コピー書類なども送れることから、「テレックス」に変わりオフィスで使われる様になりました。

現在ではインターネットの普及により、メールや画像送信が出来る様になったことから、使われる場面も少なくなっています。

「テレックス」と「fax」の違い!

「テレックス」と「fax」の違い!

「テレックス」は、「電話回線を使い、タイプした文字を信号化して相手に送るシステムのこと」です。

「fax」は、「電話回線を使い、画像を信号化して相手に送るシステムのこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「テレックス」「fax」の違いをお伝えしました。

「電話回線でタイプした文字を送るのがテレックス」「電話回線で画像を送るのがファックス」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物