スポンサーリンク

Twitterの「ふぁぼ」と「いいね」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ふぁぼ」と「いいね」の違いIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、Twitterの「ふぁぼ」「いいね」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ふぁぼ」とは?

「いいね」ボタンを押すことです。

Twitterには「いいね」というボタンが用意されています。

以前は星マークの「お気に入り」というボタンがありました。

これは英語表記だと“favorites”になります。

しかし、星マークでは何を意味しているのか、わからない人がいることが予想されます。

そのため、Twitterは星マークからハートマークに変更をしました。

名称も「お気に入り」から「いいね」に変更をしています。

ハートは多くの国で温かい気持ちを表すマークだとされています。

Twitterがテストを行ったところ、ハートマークをユーザーが好むという結果がでています。

「ふぁぼ」の使い方

SNSで使われる言葉で、「いいね」を押すことをいいます。

主にTwitterについて使われる言葉ですが、その他のSNSでも使うことがあります。

「いいね」とは?

SNSで用意されている好意を示す機能のことです。

Twitterではハートマークで表示されています。

感動した、いいと思った、面白いなど、さまざまな感情を伝えることができます。

パソコンの場合はクリック、スマホなどの場合はタップをします。

すると、ハートマークが赤色に変わり、「いいね」をしたことがわかります。

「いいね」をしたことを取り消すことも可能です。

クリック、またはタップ済みのマークをもう一度クリックまたはタップすることで取り消せます。

ハートマークの横に数字が記載されており、いくつ「いいね」されたかがわかるようになっています。

たくさんの数をもらいたいと、話題になるような情報を発信し続けている人もいるようです。

写真をのせる、他の人に「いいね」をする、よく見られるタグを使用する、投稿内容に統一感を出す、投稿時間に気を配るなどをすることで「いいね」をもらえる数が増えることが期待できます。

「いいね」の使い方

気持ちを表すマークのことです。

感動、面白い、よかったなどを表します。

いろいろな気持ちを表すことが可能です。

そういった気持ちを持ったときに、このマークを押します。

「ふぁぼ」と「いいね」の違い

Twitterには「いいね」という機能があり、ハートマークで表示されています。

このマークを押すことが「ふぁぼ」です。

「いいね」は機能のことを指して使用したり、マークを押すことを指して使用したりする言葉になります。

「ふぁぼ」の例文

・『これをふぁぼと呼んでいます』
・『ふぁぼする』
・『ふぁぼと呼ばれています』

「いいね」の例文

・『いいねをもらった』
・『いいねを押すのを忘れた』
・『いいねの数がすごい』

まとめ

どちらもSNSで使われている言葉です。

「お気に入り」のマークがなくなったことで、「いいね」という言葉が使われる方が一般的となっているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物