「顕す」と「著す」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「顕す」と「著す」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「顕す」「著す」の違いを分かりやすく説明していきます。

「顕す」とは?

「顕す(あらわす)」という言葉は、「能力・実績・行動などを分かりやすく人々・世の中に示すこと」を意味しています。

「顕す」という表現には、「行動・能力などを世の中に広く知らせること」といった意味のニュアンスもあります。

例えば、「この大会に優勝したことで頭角を顕しました」「長年の努力によって多くの功績を顕しました」といった例文において使用することができます。

「著す」とは?

「著す(あらわす)」とは、「書物(書籍)・本を書くこと」「書物・本を書くことによって世間に示すこと、知らせること」を意味している言葉です。

例えば、「有名な研究者だった父の伝記を著す」「この本を著すことが私の念願でした」などの文章において使われています。

「顕す」と「著す」の違い!

「顕す」「著す」の違いを、分かりやすく解説します。

「顕す」という表現は「行動・能力・功績などを広く世の中に知らせること」「能力・実績などを分かりやすい形で人々・世間に示すこと」を意味していますが、「著す」にはそういった「行動・能力・成績などを世の中に知らしめること」といった意味合いはありません。

「著す」という言葉は「書物・本を書くことで世の中に示すこと」を意味していて、「書物・書籍・本の形で書くこと」に意味の重点が置かれているという明確な違いを指摘できるのです。

例えば、「潜在能力の高さを顕す」「経営者として名声を顕す」といった文章において、「顕す」という表現を「著す」に書き換えることはできない違いがあるのです。

逆に、「素晴らしい名作を幾つも著す」といった文章に使われている「著す」「顕す」という表現で言い換えることもできないのです。

まとめ

「顕す」「著す」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「顕す」という言葉は「能力・実績などを分かりやすく人々や世の中に示すこと」を意味していますが、「著す」という表現は「書物を書いて世の中に出すこと・知らせること」を意味しています。

「顕す」「著す」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。