スポンサーリンク

「占い師」と「鑑定師」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「占い師」と「鑑定師」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「占い師」「鑑定師」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「占い師」とは?

「占い師」とは?

「占い師」とは、未来の運命を占うことが職業の人のことです。

主に人のそれになりますが、企業の未来だったり、時には世の中全体のことまで占うような場合もあります。

ただし、各種の団体こそ存在していますが、それらの中で「占い師」として認めているだけで、それという統一された資格などがある訳ではありません。

その為、全く同じことに対して、占い師ごとに見解が異なるという場合も少なくありません。

「鑑定師」とは?

「鑑定師」とは?

「鑑定師」とは、何かの価値を鑑定する人のことで、こちらもこれという資格が存在する訳ではありません。

貴金属のように、統一された価値があるようなものではなく、主に素人では価値が分からないような物を鑑定するのが職業です。

例えば、古美術品だったり、マニアの間で垂涎ものとされているような限定グッズなどで、欲しいと思っている人の間では、それくらいの価値があるといったことを鑑定しています。

ですが、必ずその価値があるとは限らず、「鑑定師」によって判断がまちまちな場合もある為、あくまで参考だと考えておいて方がいいでしょう。

「占い師」と「鑑定師」の違い

「占い師」と「鑑定師」の違い

「占い師」「鑑定師」の違いを、分かりやすく解説します。

「占い師」は、未来を占うのが仕事です。

その通りになるとは限りませんが、自分では決めかねている時の一押しとなるようなものだと考えておくといいでしょう。

「鑑定師」は、素人では分からない物の価値を判断するのが仕事で、そういったことがテーマとなっているテレビ番組でもお馴染みです。

色々なジャンルごとに、それが専門という人が存在し、これといった価値の決まっていない物の買取の際にも、店員などがこれに似たことを行っています。

ただし、こちらも確かな価値を決めるという訳ではなく、あくまでその人なりの判断になると考えておいてください。

まとめ

まとめ

「占い師」「鑑定師」は、このように異なります。

どちらもそのような資格などがある訳ではなく、それぞれ職業としての名称だと思っておいてください。