スポンサーリンク

「創立」と「創業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「創立」と「創業」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「創立」「創業」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「創立」とは?

「創立」とは?

「創立」の意味と使い方について紹介します。

「創立」の意味

「創立」「そうりつ」と読みます。

意味は、「組織や機関を初めて立ち上げること」になります。

「創立」の使い方

「創立」は、ある組織や機関を始めて立ち上げる行為のことを言います。

何もないところから、人を集めて組織を作ることを言い、登記や開業届けなどの段階は含まれません。

つまり、会社だけではなく、学校やお店、趣味の同好会などの私設団体にも使われる言葉です。

基本的に複数の人達が集まってものごとを始めることであり、個人で事業を始めることには使われません。

あくまで初めて組織を作ることであり、子会社を作ったり、新たな事業を展開する場合は「創設」と言います。

一般的に「創立記念日」「創立〇周年」などとして使われることが多くなります。

「創業」とは?

「創業」とは?

「創業」の意味と使い方について紹介します。

「創業」の意味

「創業」「そうぎょう」と読みます。

意味は、「新しく事業を始めること」になります。

「創業」の使い方

「創業」は、営利目的で新しくビジネスとしての活動を始めることを言います。

組織であっても個人であっても、その業務を開始した時点で「創業」になります。

実際に売り上げが出なくても、会社という形態を作り、不動産を購入したり原材料の仕入れを始めた時点で「創業」になるのです。

法人の場合、登記をしていなくても創業したことになり、個人事業酒の場合は事業を開始したとみなされれば「創業」と言う言葉が使えます。

従って、「創業」は法人登記する・しないにかかわらず使える言葉です。

ただし、実際に事業を開始する準備ができていない場合には使ません。

「創業予定日」という言葉は不自然ですので使わない方が良いでしょう。

「創立」と「創業」の違い!

「創立」と「創業」の違い!

「創立」「組織や機関を始めて立ち上げること」です。

「創業」「実際にビジネスを始めること」です。

まとめ

まとめ

今回は「創立」「創業」の違いをお伝えしました。

「創立は組織を作ること」「創業はビジネスを始めること」と覚えておきましょう。