「ドラキュラ」と「吸血鬼」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドラキュラ」と「吸血鬼」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドラキュラ」「吸血鬼」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ドラキュラ」とは?

「ドラキュラ」とは?

「ドラキュラ」とは、ブラム・ストーカー氏による小説の「吸血鬼ドラキュラ」に登場する、「吸血鬼」として描かれているキャラクターのことです。

「ドラキュラ伯爵」が正確な表現になり、イラストでは、貴族の正装にも見える燕尾服のようなマント姿で描かれています。

後述する「吸血鬼」と言えば、この「ドラキュラ」のイメージが強い為、その代名詞として使われることも多い言葉ですが、「ドラキュラ伯爵」という固有名詞のキャラクター名になり、「ドラキュラ」「吸血鬼」のことではありません。

「吸血鬼」とは?

「吸血鬼」とは?

そのように、「吸血鬼」のことをよく「ドラキュラ」と使われますが、この「吸血鬼」という架空の生物のうちの1つが「ドラキュラ」という関係になります。

その「吸血鬼」とは、人の生き血を主食として生存しているとされる生物です。

太陽の光を浴びると灰になってしまうという弱点があり、これが登場する小説やゲームでは、その手段によって退治するという場面が多く見られます。

また、十字架が逃げてという特徴もあり、これを身に付けていると襲われなくなるといったシチュエーションも、「吸血鬼」が登場する作品ではお馴染みとなっています。

「ドラキュラ」と「吸血鬼」の違い

「ドラキュラ」と「吸血鬼」の違い

「ドラキュラ」「吸血鬼」の違いを、分かりやすく解説します。

「ドラキュラ」は、「吸血鬼」のことではなく、あくまでそのような名前の想像上のキャラクターです。

「吸血鬼」は、その名称のように、種族としては「鬼」の一種になりますが、見掛けは人間と区別が付かないといった設定で描かれることが多く、人間にはない鋭い牙によってその生き血を吸うとされています。

まとめ

まとめ

「ドラキュラ」「吸血鬼」は、このように違う言葉です。

「ドラキュラ」「吸血鬼」という意味ではないので、間違えないように気を付けてください。