「マネタイズ」と「収益化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マネタイズ」と「収益化」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「マネタイズ」「収益化」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マネタイズ」とは?

「マネタイズ」とは、“manetize”と書きます。

意味はもともとは換金すること、貨幣と定めることといったものでしたが、現在、一般的には「マネタイズ」と言いますと、収益に繋げることで、インターネット上で無料サービスを使って集めた顧客などを利用し何らかの収益を得ようとする行動のことです。

例えば無料ブログを使って注目を集める、宣伝をする、販売に繋げていくといった流れも「マネタイズ」と言えるでしょう。

「収益化」とは?

「収益化」とは、利益を得られるようになるという意味になります。

例えば何かをしていて、最初は儲けがないことであっても、いずれ利益が出て、それが一過性のものでなくある程度継続できることを言います。

「収益化できるようになるまで1年は見ている」「悪い方法ではないが、収益化に繋がらないなら意味はない」「収益化に成功」などと使います。

「マネタイズ」と「収益化」の違い!

「マネタイズ」「収益化」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「儲け」といった同じ意味合いを持っている言葉です。

ですが、微妙な違いがありますので、使い分け方を見ていきましょう。

まず「マネタイズ」ですが、これは「儲けに繋げること、行動」のことを言います。

特にインターネット上で収益を得る行動にこの言葉は使われます。

「マネタイズできる」とは「収益を得ることができる」という意味になります。

一方の「収益化」ですが、これは利益が出るようになる、利益に変わるという意味になります。

「マネタイズできる」「収益化できる」という言い方をすれば、どちらも「儲けが出る」という意味合いで同じになるのですが、それぞれの言葉の意味は微妙に違うことは理解しておいてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「マネタイズ」「収益化」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらもインターネットで儲けるといった時によく使われる言葉ですが、それぞれの言葉の意味を正しく理解しておきましょう。