「上旬」と「中旬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「上旬」と「中旬」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「上旬」「中旬」の違いを分かりやすく説明していきます。

「上旬」とは?

「上旬(じょうじゅん)」とは、「その月の1日から10日までの10日間」のことを意味しています。

一ヶ月を「上旬・中旬・下旬」の三つの期間に分けた時の一番はじめに当たる期間が「上旬」であり、「上旬」はどの月でも「1日~10日までの10日間の期間」のことを意味しているのです。

「上旬」の同義語として「初旬」がありますが、「初旬」のほうが「一ヶ月のうちの初めのほうの期間」という意味のニュアンスが強くなっています。

「中旬」とは?

「中旬(ちゅうじゅん)」とは、「その月の11日から20日までの10日間」のことを意味しています。

一ヶ月を「上旬・中旬・下旬」の三つの期間に分けた場合の真ん中に当たる期間が「中旬」であり、「中旬」はどの月でも「11日~20日までの10日間の期間」のことを指しています。

「中旬」の同義語として「中澣(ちゅうかん)」がありますが、現在ではかしこまった文章以外ではまず使われません。

同様に「下旬(その月の21日から末日までの期間)」の同義語にも、「下澣(げかん・かかん)」という難しい言葉があります。

「上旬」と「中旬」の違い!

「上旬」「中旬」「その月(一ヶ月)のうちの10日間の期間」を意味しているという点では共通していますが、「上旬」「中旬」ではそれぞれが指示する「具体的な期間の範囲」が違っています。

「上旬」「中旬」は、月(一ヶ月)を「上旬・中旬・下旬」の三段階に分けた時の一番目と二番目の期間に当たります。

そのため、「上旬」という言葉は「月の1日から10日までの10日間」を意味していて、「中旬」という言葉は「月の11日から20日までの10日間」を意味しているという「具体的な期間の範囲」の違いを指摘することができるのです。

まとめ

「上旬」「中旬」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「上旬」とは「月の1日から10日までの10日間」を意味していますが、「中旬」とは「月の11日から20日までの10日間」を意味している違いがあります。

「上旬」「中旬」の意味の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。